スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒキニート 体験版 exe 【体験版】

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 07:50:23.44 ID:xUJm2lnk0
今日は朝5時に目が覚めてしまった。
家族はまだ寝ている。

さあどうしようか
1.まずはPCをつけて日課の2chを見る
2.小腹が減ったので、リビングへ
3.カーテンを開けて朝日を浴びる

>>5
5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 07:55:13.45 ID:lSy0uk600
>>1
自室にひきこもりなら、選択肢2でエンディングじゃないか?

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 07:59:13.81 ID:xUJm2lnk0
小腹が減ったので、リビングへ

すると、トイレに起きていたのか母親とすれ違った。
「あら・・・」
だが、オレは目を伏せがちに、冷蔵庫を漁る。

母親は何かいいたそうだ。

オレは・・・

1.「おはよう」と挨拶
2.「おなかが減ったから・・・」と言い訳
3.「母さん、今日はハロワ行く」と宣言

>>10 


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 07:59:39.29 ID:F4m7DKVQ0
製品版も欲しいなぁ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:01:37.65 ID:xUJm2lnk0
※体験版では妹と結ばれることはありません。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:02:45.06 ID:Eq22SBp20
3

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:05:12.20 ID:xUJm2lnk0
ごめん、>>11

「母さん、今日はハロワ行く」
オレがそういうと、母親は一瞬顔をほころばせた。

「そ、そうかい?どうしたの?やる気でてきたのかい?」
驚きながらも、母親はとてもうれしそうだ。

おれはもちろん

1.「ああ、もうニート生活も飽き飽きさ」とクールに
2.「ククク・・・嘘だよ」とニヤリ
3.「だから、お金頂戴」と手を差し出す

>>20
20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:12:43.16 ID:uM6xIj/a0


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:16:37.78 ID:xUJm2lnk0
「だから、お金頂戴」オレは手を差し出した。

すると母親はオレに5千円を渡して嬉しそうに言った。
「今日はそれで足りるよね?頑張ってね。お母さん嬉しいよ」

少しだけ涙ぐむ母親を見て、オレは

1.一度部屋に戻ることにした
2.なぜか妹の部屋を目指した
3.「足りないかもしれないから、1万円くれない?」という


>>25 

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:18:49.58 ID:Eq22SBp20
1

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:21:43.84 ID:xUJm2lnk0
オレは一度部屋に戻ることにした。

引き篭もって3年。もう大学時代の友人は卒業して就職している。
今日で、肩身の狭い生活とおさらばだ。
そんな気持ちになって、オレは

1.タンスを開けたら、着ていく服がないことに気づいて再び萎えた
2.家族が起きる時間まで一眠り
3.軽くオナニー


>>30 

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:24:24.94 ID:WCG3K6+c0

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:26:54.09 ID:xUJm2lnk0
だが、オレはタンスを開けたら、着ていく服がないことに気づいて再び萎えた

「そういえば服なんて何年も買ってないな・・・」
今着ている擦り切れたぼろぼろの部屋着が、一番ましとは困ったことだ。

ため息をついた俺は

1.ハロワには部屋着で行くことにした
2.高校のときのジャージで行くことにした
3.家族に服を借りる

>>35


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:30:49.83 ID:WCG3K6+c0
3だな

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:32:23.79 ID:xUJm2lnk0
オレは、家族に服を借りることにした。

一番年齢が近いのは妹・・・
父親の服はオレには小さすぎる気がするが、スーツもあるだろう
母親の服はぴったりだが、おばさんの私服だ

ここは

1.父に借りる
2.妹に借りる
3.母に借りる

>>40


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 08:35:07.63 ID:F4m7DKVQ0
1

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:39:54.51 ID:xUJm2lnk0
ここは父に借りることにした。今日は面接はないが、それなりの服装のほうがいいだろう。
朝食の時間になり、オレは恐る恐る父親に切り出した。

「父さん、今日はローワークに行こうと思うんだけど・・・」
「お、やっと動くのか。よし、頑張れよ」

「うん、それで・・・着ていく服がないから貸して欲しいんだけど・・・」
「いいけど、父さんの服じゃ小さいんじゃないか?
どうせ、今日は職安だけだろ?今日はいいけど、ついでにスーツでも買ってくればいいんじゃないか?」

突然の提案にオレは
1.「スーツを買うお金がない」という
2.「今日はいいや」と服だけ借りる
3.妹が気になる


>>45


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:41:32.77 ID:WCG3K6+c0


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:45:49.68 ID:xUJm2lnk0
「スーツを買うお金がないんだ」
オレは自嘲的にそう言った。だが、ある意味期待していたのかもしれない。
そして期待通り、父はこう言った。

「そのくらい、父さんが出そう。今スーツは安いのもあるから3万もあれば足りるだろ?」
「う、うん・・・足りると思う」

オレはそういうと、父親から3万円を受け取った。

その後、父親会社へ、母親をパートへ見送ると
家には短大に通う妹だとオレだけになった。
といっても、妹は自室でテレビを見ている。オレと顔を合わせることはない。

オレは
1.自分で父の服を選んで、ハロワに出かける
2.妹に着ていく服を一緒に選んでもらえないか相談
3.妹に1万円あげて、おっぱいを触らせてもらう


>>50


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:48:13.36 ID:nuKx2fRL0
1

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:49:16.99 ID:WCG3K6+c0
>>50
感動した


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:50:04.44 ID:OvV9P15P0
>>50
あ?
いい子ぶってんじゃねーぞ


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:51:54.03 ID:abuLmVIVO
ほっとしてしまった

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:53:31.10 ID:xUJm2lnk0
オレは、自分で父の服を選んで、ハロワに出かけることにした。

ハロワに出かけると、まずオレは登録を済ました。
希望の条件などを相談すると、希望の条件を探すのに少し時間が掛かるようだ。

「明日でも、また来てください」
職員にそういわれ、オレは一歩前進した気がした。

少なくとも引きニートから、ただのニートに昇格したといえるだろう。
今日は

1.お祝いだ!貰った金を趣味にパーッと使う
2.もちろん、まじめにスーツを買いにいく
3.妹に電話してみる

>>60


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:55:59.38 ID:e+EvePde0


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 08:58:13.82 ID:HeOuaIcNO
やべぇ感情移入してる・・・

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:00:34.65 ID:xUJm2lnk0
オレは、なんとなく妹に電話してみることにした。

妹は最近口をきいてくれない。友達を家に呼ぶこともない。
だが、一歩前進した今なら、話をしてくれるかも・・・
そうだ、妹は車を持っている。
授業がなかったら、大手紳士服店に連れて行ってくれるか頼むのもいいかもしれない。

「もしもし」
妹はあっさりと俺の電話に出た。拍子抜けするほどだ。

オレは
1.「今、ハロワの帰り。服買いに行きたいんだけど、付き合ってくれない?」と事務的に
2.「おにいちゃんだよ~!久しぶりに一緒に遊びに行かない?お前の車でさ~」とフランクに
3.「お前の声が聞きたくなっただけ」といい、一人でスーツを買いに行く


>>65


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 09:01:11.95 ID:nuKx2fRL0
1

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:04:47.30 ID:xUJm2lnk0
「今、ハロワの帰り。服買いに行きたいんだけど、付き合ってくれない?」
オレはなるべく感情を抑えて、用件だけを伝えてみた。

「え?」
「あ、でも授業とかで忙しかったらいいんだ」

妹の言葉に、オレはスグに否定した。
別に一人でもいい、そう思いなおして電話を切ろうとすると

「いいよ。お兄ちゃん今どこ?車で迎えに行ってあげる。暇だし」
以外にも妹は協力してくれるようだ

オレは
1.「い、いまハロワワッワワ。ままま待ってるね」と喜びを隠さずに
2.「ありがとう。服っていっても面接用のスーツなんだけどさ」とクールに
3.「お前の服も買ってやろうか」と兄目線で


>>70


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 09:06:43.67 ID:0qfvn4fT0
2

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:10:01.31 ID:xUJm2lnk0
「ありがとう。服っていっても面接用のスーツなんだけどさ」
オレは喜びを押さえてできるだけ冷静にそう告げた。

「朝食のとき、一緒に板から知ってるよ・・・。じゃあ。今から行くからハロワでしょ?そこで待ってて」
妹はそういうと、電話を切った。
最近話してなかったが、電話の様子だと別に不機嫌でもないようだ。

やがて妹が来ると、オレは
1、助手席に座った
2.後部座席に座った
3、「オレが運転するよ」


>>75

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 09:10:17.77 ID:F4m7DKVQ0
1

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:10:27.82 ID:e+EvePde0


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:11:55.18 ID:sP3sUYZ30
1

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:13:05.43 ID:0qfvn4fT0


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 09:13:50.10 ID:F4m7DKVQ0
一致団結したな

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:15:22.49 ID:WCG3K6+c0
素晴らしいですね

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:15:43.20 ID:xUJm2lnk0
「オレが運転するよ]
オレは、妹にそう告げると運転を代わった。
運転するのは数年ぶりだったが、オートマなので何とかなるだろう。

妹を助手席に乗せると、オレは紳士服店へと向かった。
時折、妹に話しかけようとしたが、うまいきっかけが見つからない。

ここは
1.「今日、授業は?」
2、そのままラブホへ
3。とりあえず無言で紳士服売り場へ向かう


>>80

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:16:23.57 ID:sP3sUYZ30
それ3じゃねぇかw

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 09:16:40.10 ID:F4m7DKVQ0
3

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:19:19.50 ID:xUJm2lnk0
だが適当な言葉も見つからない。
2人はずっと無言だった。

「ここで買おうと思うんだ」
駐車場についてやっと口を開くと、妹はちいさくうなずいた。

ここは
1.「一緒に行こう。選んでくれよ」とフランクに
2.「俺と一緒だと恥ずかしいだろうから、待ってていいよ」と卑屈に
3.妹の行動は気にせず、まっすぐ紳士服店へ向う


>>90 

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:20:16.60 ID:xUJm2lnk0
あれ、ごめん今気づいた
自分で運転してたwww

やべえ・・・まあいいや

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:24:14.72 ID:e+EvePde0


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:45:33.47 ID:bGFqzAUR0
「一緒に行こう。選んでくれよ」
オレは、これまでの隙間を埋めるべく
なるべくフランクに妹に接した。

「え?私のセンスでいいの?」
妹はそういうと、別段嫌がらずにオレについてきた。

「父さんのスーツだから、ちょっと恥ずかしいな」
「でも、意外と似合ってるよ」

妹のその言葉に勇気付けられたオレは

1.妹の手を握った
2.「そうか?ありがとう」といいながら店へ
3.えへへと気味悪く笑う

>>95


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 09:47:37.98 ID:F4m7DKVQ0
2

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:49:39.14 ID:bGFqzAUR0
「そうか?ありがとう」
オレは妹が気を使ってくれることに感謝しつつ店へと向った。

「いらっしゃいませ」
さすがに紳士服店の店員は、スーツ姿がまぶしく、気後れしてしまう。

「ええと・・・その、リクルートスーツって言うんですか?そういうのを探しているんですけど・・・」
「ご予算は?」

ここは
1.3万円です
2.5万円です
3.1万円です

>>100

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:54:57.73 ID:grATns8z0


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 09:56:04.92 ID:bGFqzAUR0
「そうなると、こちらのコーナーになりますね」
店員に勧められるまま、そのコーナーへと入ると
3万円という値段の割りに結構良い品揃えだった。

適当に合わせてみると、店員が不意に妹の方を見てこう尋ねた。
「彼女さんですか?」

オレは面倒なので、とりあえず「そうです」と流すと
「かわいい彼女さんですね」と店員が相槌を打った。
だが、それに妹が気づいたようだ。

オレは
1.「かわいいでしょう。自慢なんです」と言っておく
2.「いえ、実は妹なんです」と言っておく
3.「店員さんのほうが100倍綺麗ですよ」と否定


>>105
105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:00:14.40 ID:e+EvePde0


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:04:24.61 ID:bGFqzAUR0
てかお前ら、確実すぎだろwww

「いえ、実は妹なんです」
オレがそういうと、店員は「あーそうなんですか。かわいい妹さんですね」といって、妹のほうをちらりと見た。

妹はそれをみてぺこりと頭を下げたが、少し恥ずかしそうだった。

「じゃあ、これでお願いします」
オレスーツを選ぶと、店員が
「妹さんには相談しなくてもいいのですか?」と伺いをたてた。

オレは
1.「いいんです」と勝手に決める
2.やっぱり妹に相談する
3.なんかむらむらしてきたので、店員のスカートに手を突っ込む


>>110


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:05:44.97 ID:grATns8z0
店員おにゃのこか



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:08:41.67 ID:bGFqzAUR0
オレは、やっぱり妹に相談することにした。

「うーん。私は、こっちのグレーのほうがいいと思うけど」
「そうですねー。これからの季節にも合いますし・・・」
店員も妹と同じ意見のようだ。

オレは、その進めに従って、グレーのスーツを購入した。
ついでなのか、妹も何かを買っていたようだ。

ともあれ、今日すべきことはした。
オレは

1.妹に、このあと飯でも食わないかと誘う
2.まっすぐ家に帰る
3.帰りの運転を妹に代わってもらう


>>115 


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:09:45.06 ID:grATns8z0
1

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:13:45.15 ID:Ohl7LGIfO
今更だがヒキニートっぷりを全然体験出来ないなこれw 
118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:15:01.95 ID:bGFqzAUR0
>>116
当初、家から出ない予定だったんだけど
みんなが更正させるんだもんwwwwww

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:13:55.56 ID:bGFqzAUR0
オレは、妹に、このあと飯でも食わないかと誘ってみることにした。

「うーん・・・マックとかならいいけど」

そういえばオレの服装は、父親の短いスーツだった。
さすがにこれでキチンとしたところには入れない。

「じゃあ、マックでいいか」
俺はそう提案して、マクドナルドへと向った。

妹と一緒にご飯を食べるなんて、久しぶりだ。
そのせいか、どうしても無言になってしまう。

オレは
1.これまでのニート生活を妹に謝る
2.これからの夢を語る
3.妹の胸の谷間が気になってしょうがない


>>120


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:15:58.74 ID:Ohl7LGIfO
2

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:20:47.51 ID:bGFqzAUR0
オレは、これからの夢を語ることにした。

「オレ、まずはきちんと給料貰って家にお金入れてさ、お前にもなんか買ってやりたいんだ。
そして、将来的にはやっぱり結婚して、両親を安心させるのが夢なんだ。ささいだけどな」

「お兄ちゃん・・・それはいいけど、なんか急にだよね。どうしたの?」
俺が夢を語ると、妹は逆に心配したのか、そう声を掛けてきた。

オレは・・・
1.「まあ、なんていうかお前に肩身の狭い思いいさせてたのが、ずっと気になっててさ」
2.「まあ、実は単に金ががほしくなってさ」
3.「まあ、実際働く気はないんだけどね。今日のはポーズだよ」

>>125



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:21:10.86 ID:j5LpKJHA0

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:25:28.50 ID:6G+PNz9SO
なんか毎回ギリギリのラインで地雷安価をかわしてるのが凄い

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:26:19.71 ID:bGFqzAUR0
「まあ、なんていうかお前に肩身の狭い思いいさせてたのが、ずっと気になっててさ」

オレは妹を見つめてそう言った。

「そ、そうなんだ・・・別に私・・うん、気にしてなかったよ。
ただ、前のお兄ちゃんは・・・凄く明るかったのに、今はいつもくらい表情をしてて
なんか・・・それが嫌だったのはあるかな・・・」

思わず妹の漏らした本音に、オレはちょっとだけキュンとなった。

そして、オレは・・・

そろそろ病院にいかないとだめなので、1時間後くらいにスレがあったら続きをかきます
なかったら、製品版で新しくスレを建てます。



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:27:25.53 ID:NpkUB5/CO
おつ!おもろい

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 10:27:36.95 ID:3KKD6osiO
乙捕手

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 11:22:18.18 ID:a9StUQAZ0
ID変わったかもしれないけど、帰ってきた

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 11:26:32.80 ID:a9StUQAZ0
>>128の続き

そして、オレは妹のためにも明日から食をまじめに探すことに決めた。
・・・その時までは。

家に帰ると、すでに母親はパートから帰ってきており
オレがきちんとハロワに行ったこと、スーツを買ってきたこと
そしてなにより兄妹が仲良くしていることが嬉しかったのだろう、少し涙目になっていたほどだ。

その日の夕食は、父親も含めて久しぶりに会話が弾んだ。
そして次の日、オレは

1.朝7時におきて、ハロワにいく用意をした
2.なんと、いつもの癖で昼の12時まで寝てしまった
3.また、朝5時に目が覚めた

>>150

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 11:29:36.02 ID:F4m7DKVQ0
自給自足かと思ったw

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 11:34:08.98 ID:gI1CTf4iO
>>150
お前ってやつは…


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 11:34:49.20 ID:a9StUQAZ0
次の日、オレはこれは本質的に自給自足ではないのかと思いはじめた。

仕事を始めて給料を貰う、そのお金で食う。
今まではそうじゃなかった。だが、これからは本質的には自給自足。
そう思うと、オレの中にかつてないプレッシャーが生まれた。

そして、なんだか自信がなくなってきた。
オレは、その日の午前中、ついにハロワに行くことはなかった。

昼ごろ起きると、パートが休みなのだろう。母親が妹と話していた。
オレは

1.「おはよう!」と元気よく
2.「・・・・」かつてのように無言で冷蔵庫を漁り、部屋に戻る
3.そばにあった雑誌を手にとって、話しかけられないようにしつつ、居間に居座る


>>155


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 11:36:05.76 ID:Ohl7LGIfO
1

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 11:38:20.72 ID:a9StUQAZ0
「おはよう!」

オレは元気よく挨拶をした。
「あら、もうお昼よ」
「お兄ちゃん、おはよう」

オレの明るい挨拶に、妹も母親もつられたのだろう。
その場の雰囲気はとりあえず和んだ。

ここは
1.「いやー寝過ごしちゃった。今日はハロワ、昼飯食ったら行くわ」と畳み込む
2.「今日は、休みの日にしよ」といいつつ、ソファーにゴロン
3.後ろか妹に抱き付いてスキンシップ


>>160


160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 11:41:43.27 ID:Ohl7LGIfO
2

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 11:45:18.30 ID:a9StUQAZ0
「今日は、休みの日にしよ」

オレはそういいつつ、ソファーにゴロンと横になった。
「あんた、行くだけでも行ったほうがいいんじゃないの?」
途端に母親が渋い顔をする。

「うーん・・・でも登録してすぐなんて無理だって。1週間くらい待ったほうがいいって言われたし」
オレはそう嘘をつくと、テレビをつけた。

「そうなの?じゃあ仕方ないのかねぇ」
そうつぶやく母親。妹は無言だ。

オレは
1.「まあ仕方ないじゃん。最後のバカンスだよ」
2.「それより、今日は授業ないの?」と妹に振る
3.なんだか気まずいので、部屋に戻る


>>165

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 11:46:05.29 ID:j5LpKJHA0


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 11:51:15.54 ID:a9StUQAZ0
「まあ仕方ないじゃん。最後のバカンスだよ」

オレがそういうと、母親はため息をついて台所へ向った。
とりあえず、飯を食おうと妹の正面に座ると、妹は不機嫌そうに話しかけてきた。

「もう十分、バカンスしたんじゃないの・・・何年もさ・・・」
確かにその通りだった。オレは返す言葉がなかった。

「まあまあ。今頑張ってるんだから。ね?」
母親はそうフォローすると、オレに遅い朝食を差し出した。

オレは
1.妹がむかついたので、髪を掴んで殴る
2.「もういらね」そういって、朝食をとらずに席を立つ
3.「そうだな・・・じゃあ、飯食ったら、一応ハロワ行ってくる」と宣言


>>170

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 11:52:34.86 ID:F4m7DKVQ0
3

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 11:56:47.97 ID:a9StUQAZ0
「そうだな・・・じゃあ、飯食ったら、一応ハロワ行ってくる」

妹の言葉に、オレは思い直した。
そうだ、もう休みは終わり。
これからは、今日できることは今日やるんだ。

オレはそう決意を新たにすると、朝食を急いで食べ終え、シャワーを浴びた。

だが、髪をセットしてスーツに着替えると、オレはあることに気づいた。
履いていく靴がない。

オレは
1.部屋に戻ると、スーツを脱いでベッドにもぐりこんだ
2.父親の革靴を借りていいか、母親に尋ねた
3.スニーカーで行く


>>175 
175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 11:58:52.75 ID:Ohl7LGIfO
2

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 12:02:54.62 ID:a9StUQAZ0
オレは、父親の革靴を借りていいか、母親に尋ねた。

すると、妹がなぜかニヤニヤしながら近づいてくると、オレに紙袋を渡した。
紙袋には、昨日行った紳士区服店の名前が印刷されていた。

「これって・・・」
「私からの就職祝い。まだはやいけど」
そういうと、妹は急に恥ずかしそうにオレを玄関まで押した。

そうか、あの時妹が買っていたのは、これだったのか。

オレは妹がくれた靴を履くと、サイズはぴったり。
もちろん、当たり前だが買ったばかりのスーツにも映えた。

オレは
1.「本当、ありがとう・・・・」と妹に頭を下げる
2.無言で妹に抱きつく
3.「まあ、貰っとくよ」とクールに


>>180


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 12:05:13.86 ID:CUs4zPec0
1
183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 12:07:58.05 ID:a9StUQAZ0
「本当、ありがとう・・・・」
オレは妹に頭を下げた。

「ちょっと、大げさ。そんなに高くなかったし。うん、でも似合ってるよ」
妹はそういうと、オレを見て微笑んだ。

その姿にオレは

1.「ついでにハロワまで車で送ってくれ」
2.「本当にありがとう」そういってバス停に向った
3.思わずキスをしてしまった


>>185

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 12:08:04.67 ID:CUs4zPec0
こういう安価スレでは類を見ないポジティブ方向での一致団結っぷりだよなw

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 12:09:22.02 ID:kLvjPuvO0
2

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 12:14:06.18 ID:a9StUQAZ0
「本当にありがとう」そういってバス停に向った。

妹の気持ちを無駄にしない。
オレはその日のうちに、ハロワで面接を取り付けた。
数日後、オレは運良くその会社に内定が決まった。


早いもので、あれから数年。妹から貰った靴はもう擦り切れて履けない。
でもこれを捨てることはないだろう。
今、人並みに生活できるのも、あの時妹が背中を押してくれたおかげだ。

「パパ、まだそのくつみてるのー」
「ああ、これはお前が生まれる前に、おばさんがくれた宝物なんだよ」

END

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/09/15(火) 12:15:45.85 ID:CUs4zPec0
終わったwww

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 12:15:53.95 ID:j5LpKJHA0
( ;∀;)イイハナシダナー
188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/09/15(火) 12:15:39.84 ID:rnxH/zpvO
製品版買ってくるわ

この記事へのコメント

  1. 以下、ねら速がお送りします 2009年09月30日(水) 12:31:14
  2. ふつうにいはなしじゃねーかよww

    安心したw
    ある意味はらはらしたわ

  3. 以下、ねら速がお送りします 2009年09月30日(水) 15:09:03
  4. これはwwww
    なんか作り話になんだけど、主人公が幸せになってよかった

    ただ>>1が思い描いてたエロフラグ側も読んでみたい気はしたw

  5. 以下、ねら速がお送りします 2009年09月30日(水) 15:38:12
  6. これ本当に安価?て疑いたくなる程の流れだったなw 乙。

  7. 以下、ねら速がお送りします 2009年09月30日(水) 16:37:20
  8. 奇跡www

Trackback

URL
http://news4ktkr.blog99.fc2.com/tb.php/62-ccae79ab
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

中の人

名前:ちるた
ねら速について

TOP絵募集してます!
(size:1040×240px)
TOP絵を描いていただける
絵師様がいらっしゃいましたら
tiltalisあっとgmail.com
までお願い致します。

お友達も募集しています!
Skype:a-sion2038
Twitterやってます!

▼はてブはこちら
  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ねら速

ミク時計

カテゴリー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

記事検索

アクセスカウンター

過去ログ

2ちゃんねる関連あんてな

2ちゃんねる関連

その他

お世話になっています

QRコード

QR
閲覧者:

Copyright © nerasoku
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。